香川大学と高知大学の医学部再受験で学んだ事とは

医学部の面接試験

香川大学 医学部 : 高知大学 医学部

地方大学の医学部に進みたい / 医学部の面接試験 / 受験には、平常心を保つ事が重要

更に面接ですが、個別とグループ面接という両方の面接形式を受ける事になったのです。
私自身、どちらかと言うと、内向的な性格で自分をアピールする事に、苦手意識がありました。
再受験でもそんな自分を、払拭出来ずにいたのです。
それでもまだ個別面接の方は、無難に受け答えが出来ていました。
ですがグループ面接では、隣の受験生が積極的に発言していただけに、私の消極性が目立っていたという点もあったと思います。
高知大学の方は、前年は特に難問は出されなかったものの、ミスをなくしてスピーディーに解く事が求められている印象でした。
ですが再受験してみると、数学で思わぬ形で応用問題が出てしまい、想定外の事に焦りも加わってしまったのです。
なので単純なミスも連発してしまい、想定外の形で低い得点となってしまいました。
他の科目は事前の想定通りの得点を取れただけに、数学での思わぬ躓きが痛かったと言えます。
とはいえ私自身、前年の印象に囚われ過ぎてしまった点が問題でした。