生理痛はホルモンのはたらき


生理痛を体験したことがある女性はかなりの数でいるのではないでしょうか。

逆に、生理痛の経験がない方の方が少なくくらいかも知れません。

さて、この生理痛ですがどうして起こるのでしょうか?

まず、ホルモンのはたらきによる原因があります。

これは「プロスタグランディン」という子宮内膜から放出されるホルモンが多量に分泌されるために起る痛みです。

実は出産時の際に陣痛を引き起こしてくれる大切な役割を補っているホルモンが
この「プロスタグランディン」というホルモンでもあるのですが、
それが生理時に大量に出されてしまうと子宮が必用以上に収縮してしまい
生理痛を引き起こす原因となってしまうのです。

他には子宮内膜症や子宮筋腫といった子宮の病気が原因でひどい生理痛が起ることがあります。

子宮内膜症は特に顕著な生理痛を催すので、あまりにも耐えきれない痛みを覚えたときには
迷わずに医師へ相談するべきでしょう。

知らないでそのままにしておき、後々もっとひどい状態になることだけは防ぎたいものですものね。

加えて、近年の女性の間によくみられる現象としては、「体が冷えている」ということです。

これは食生活や長時間冷房の下などにいることによって血行が悪くなり体が冷えてしまいます。

日々の生活も気をつけたいものです。